読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シン・ゴジラ

iTunesで予約していたので発売日、気づいたらすでにMacに入っていた。シン・ゴジラである。

劇場で2回観ていて配信もたのしみにしていた。劇場公開がいつだったか忘れたので調べたら夏だった(そんなに前だったっけ…?)。ともかく、最近の作品にしては劇場公開から配信まで長く感じていたのでまさに待望といったところ。

配信日に1回観たのだけど、劇場と比べ鑑賞環境が異なるせいか特に最後のカットなど、よく見えなかったディテールが鮮明に映し出され劇場とはまたちがった見え方もありそうしたことも含めてたのしめた。

しかしというかなんというか、そこから事態は一変する。

かんたろうくん(息子。ふだんからそう呼んでいる。まもなく2歳)はよく動画を観ている。以前は妻のiPhoneで器用にYouTubeのアイコンを探し出し(まだ1歳半にもならない頃だったとおもう)、見事に目的の動画にたどり着きタップで再生させていた。iPhoneの次はiPadで、現在はMacで観ている。作品はだいたい決まっていて、多いのはトーマスとクルテク、たまにアンパンマン。

そんな彼の今いちばんのお気に入りがまさかのシン・ゴジラとなった。

妻はこわがるだろうからあまり見せたくないといっていたのだけど、シン・ゴジラが再生されていることに気づいたかんたろうくんのリアクションはこわがるどころか一気にテンションがぶち上がったのだった。

多分にもれず働くクルマや電車が好きで、劇中たしかに多くの乗り物(軍用機も好きな様子)が登場し、まずこれに興奮すると同時に、ゴジラに対してはよりいっそうの盛り上がりをみせる。

序盤では尻尾を指指し、その後の第一、第二、第三形態とその都度指を指し「あー!」という具合でこちらがリビングから離れていれば袖をつかまえ画面のまえまで引っ張りだされるのだった。

今朝は早朝のまだこちらは布団のなかという状況でMacをばしばしと叩くので開いてみせると次の瞬間にはシン・ゴジラのサムネイルを指差していた。起きたてで観る映画でない気がする(それも連日)がそんなおとうさんの意向など彼にとってはどうでもよいのだ。

おそらく今日もその後何度か再生されているに違いない。